耐震補強リノベーション

閲覧数:2258

みなさんこんにちは!

リノベーション専門店

夢工房の浜永です。

いつもHP訪問

ブログ閲覧いただき

ありがとうございます。

 

 

 

一昨日、また大きな地震がありました。

 

 

 

地震が起こるたびに、我が家がどの程度揺れに耐えられる家なのか

心配になります。

築40年以上の我が家は約17年前に一度リフォームをしていますが、

その時、耐震補強についての意識は恥ずかしながら全くありませんでした。

 

みなさんのお住まいはどうですか?

特に1981年以前に建てられたお住まいの方は要注意、と言われています。

 

約700万戸は、耐震性不足!
※国土交通省(2018年)

 

夢工房では、まず当社の1級建築士が屋根や外壁の調査を行います。

大がかりなリノベーションですと、診断は不可欠です。

床や柱の傾斜、基礎の劣化状況等、

土台に関わるところも、しっかりと診断をいたします。

 

 

 

 

耐震性を高めるために家を支える基礎から補強します。

リノベーションだからこそできることです。

 

 

補強金具や筋交の設置、梁の新設等により、上部構造評点1.0を目指します。

※上部構造評点とは、建物の耐震性能を表す指標です。
震度6強の地震でも「一応倒壊しない」とされる数値が「1.0」です。
0.7未満で「倒壊する可能性が高い」という判定になります。

屋根は重量のある日本瓦から軽量な材質に取替えると耐震に対しては

効果があります。

 

 

 

いつどこで何が起こってもおかしくない、そんな時代になったのだと痛感します。

日本各地で大きい地震や災害が頻繁に起こり、

それらに対する防災意識も現在は以前よりも

格段に高くなっていると思います。

 

 

夢工房で現在進めている

高岡モデルハウス4号店は

築50年の建物ですが、

断熱・耐震性能を今の夢工房基準より

更に向上させるリノベーションになります。

耐震に関しては、

住宅性能表示基準の耐震等級3の建物に性能を向上させます。

(建築基準法準拠の耐震性能=等級1
 等級1の1.25倍の強さ=等級2
 等級1の1.5倍の強さ=等級3)

 

一体どんなモデルハウスになるのか

みなさんも楽しみにしていてくださいね!

 

 

家づくりのご相談は

リノベーション専門店・夢工房まで!

Contact

ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽に
いつでもご相談ください。

お電話はこちらからどうぞ 0853-25-0269 営業時間9:00~17:00不定休

CONTACT

モデルハウス来場予約はこちらから※コロナ対策実施中!詳細はスタッフまでお問い合わせください。

このサイトを共有する

資料請求ページはこちらから

モデルハウス来場予約ページはこちらから

実際の施工事例を見るページはこちらから