出雲市N様邸 中古平屋×フルリノベーションの経過③

閲覧数:1314

みなさん こんにちは!

リノベーション専門店

夢工房の浜永です。

いつもHP訪問

ブログ閲覧いただき

ありがとうございます。

 

出雲市で平屋フルリノベーション施工中のN様邸ですが

 

前回のブログ

 

サッシが取り付けられました。

今回N様が採用されたサッシは

断熱性能をさらに向上させた、樹脂サッシアルゴンガス入りLow-E複層ガラスになります。

 

あまり聞き馴染みのないアルゴンガスですが、

なぜアルゴンガスを窓に注入すると断熱性能が上がるのでしょうか。

調べてみました。

 

アルゴンは地球大気中に窒素・酸素に次いで
3番目に多く含まれている気体なので、
大気の中に普通に含まれているもの、だそうです。

空気中の成分

  • 窒素(約78%ほど)
  • 酸素(約21%ほど)
  • アルゴンガス(約0.95%ほど)

では、なぜアルゴンガスを窓に封入すると
断熱性があがるのか?

それはアルゴンガスが空気よりも重く
熱を伝えにくいため、複層ガラスの2枚ある
ガラスの間(中空層)で気体が流れて
熱を発生させる対流が抑えられる効果があるそうです。(ネット情報)

 

サッシも年々進化し続けていますね。

 

屋根は重量のある日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えられたことにより

耐震性能もアップしました。

 

 

ロフト部分ができました。

下からみたところです。

上からだとこうなっています。

 

 

                          ↑ ↑ ↑ ↑ ↑                         

                          この部分になります。

 

一体どんな家になるのか

ワクワクしますね。

 

また経過を報告します。

次回もお楽しみに!

 

 

家づくりのご相談は

リノベーション専門店・夢工房まで!

Contact

ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽に
いつでもご相談ください。

お電話はこちらからどうぞ 0853-25-0269 営業時間9:00~17:00不定休

CONTACT

モデルハウス来場予約はこちらから※コロナ対策実施中!詳細はスタッフまでお問い合わせください。

このサイトを共有する

資料請求ページはこちらから

モデルハウス来場予約ページはこちらから

実際の施工事例を見るページはこちらから