夢工房の古民家リノベーション

夢工房の
古民家リノベーション

伝統ある、良質な日本の文化を継承し、未来に残せる住宅へ。
夢工房のリノベーションは、古き良き雰囲気はそのままに、耐震・耐熱性能を強化し、快適な暮らしをご提案いたします。

古民家再生のポイントとは?

ポイント1

建替えかリノベーションかの見極め

農村部や山間部に存在する古民家は、伝統工法ならではの歴史的にも価値のある建物が多いです。一方で、現行の耐震基準では認められていない束石に建物を載せてあるだけの基礎だったり、中には建物が傾いているケースも少なくありません。

夢工房では数多くのリノベーションに取り組んできた知識、経験を活かし、基礎の状態や構造上の問題から、建替えが良いか、リノベーションが良いかプロの視点で最適な判断をします。

ポイント2

耐震診断結果に基づいた耐震設計

耐震診断結果に基づいた耐震設計

推奨している流れ

1981年以前の建物のリノベーションの場合

ご相談(お電話またはモデルハウスにて)
現地調査
概算資金計画
精密調査 ※要 調査費用
精密診断
改修計画作成
改修プランのご提案
設計契約 ※要 設計料
設計打ち合わせ
詳細見積もりのご提示
工事請負契約
解体・着工

1982年以降の建物のリノベーションの場合

ご相談(お電話またはモデルハウスにて)
現地調査
概算資金計画
設計契約 ※要 設計料
設計打ち合わせ
詳細見積もりのご提示
工事請負契約
解体・着工

※赤字…契約必須

1981年以前に建築された建物は現行の耐震基準が制定される前になりますので、地震に弱い建物が多いと言われています。
夢工房では、耐震診断を実施し、診断結果をもとに基礎補強工事も含めたベストな耐震設計を行います。
施工段階では、設計プランに基づいた施工を徹底しますので、地震が発生しても安心です。

ポイント3

無断熱の状態から、
快適に暮らせる建物へ

古民家の多くは、夏の気温を想定して建てられています。したがって、現在の住まい環境に比べると、断熱性能、気密性能が低く、多くは断熱材が入っていない無断熱の状況です。
夢工房では、床、壁、天井に断熱材を吹き付け、窓も性能が高いサッシに交換することにより、冬は暖かく夏は涼しく快適に過ごせる建物になります。

ポイント4

再生利用可能な木材の活用

伝統工法の古民家の場合、鴨居や梁に大きな木材が使われていることがよくあります。「差鴨居」という鴨居ですが、この差鴨居を入れることで両側の柱と接合されている梁とでH型の加工ができ、これが強度的にも大変有利になるからです。また、ダイナミックに露出させる梁は古民家リノベーションならではの魅力です。夢工房なら、大きな腐朽や蟻害がなければ伝統工法の建築材を活かしながら、構造面、デザイン面という両方の視点から最適な提案をします。昭和のディテールと令和の技術の融合は古民家リノベーションの大きな醍醐味の一つです。

ポイント5

構造面に配慮した間取り変更・減築

家族全員でくつろげるLDK(リビングダイニングキッチン)を実現する間取りに変更可能です。また、広すぎるという状況なら、床面積を必要十分な大きさに減らす減築もできます。

間取り変更も減築も構造面に精通していないと対応できません。夢工房では、お客様のご要望に合うかたちで、構造面の問題も適切な判断をしながら、提案いたします。

古民家リノベーション事例

Old folk house / Renovation case

古民家ならではの梁を活かし、掘り炬燵のあるリビングへ

中古住宅をご購入され、水回り部分を3年前にリフォームしていらっしゃいました。
この度、母屋の北側半分と縁側の部分リノベーションをされ、暮らしやすい間取りになりました。
お施主様ご家族は現在遠くで暮らしていらっしゃいますが、家に戻られるのが楽しみのようです。

施工前
施工後

Our Mind

古民家は、そこに住む人より長くその街に存在する貴重な建築文化です。
非常に価値のある柱、梁(はり)も豊富で、多くの思い出も詰まっています。
夢工房では、専属大工をはじめ、プロ集団としての衆知を結集して、
住み継ぐ人の思いに寄り添いながら、古民家再生に取り組んで参ります。

古民家用語集

・束石(つかいし)
床を支えるための木材の下に添える石のことを言います。古いお寺や神社にも採用されている伝統的な工法ですが、固定されていないので、リノベーションの際は基礎補強が必要です。
・差し鴨居(さしがもい)
屋根や小屋裏の重さを支えるために設置されている木材のことを言います。差し鴨居があることで、柱が不要になったりします。
・梁(はり)
屋根の重さを支える役割のために、柱の上部に設置される木材のことを言います。古民家では立派な梁が使われていることが多く、梁を活かすリノベーションも人気です。
・茅葺き屋根(かやぶきやね)
茅(かや)を使って、屋根を葺くこと、その屋根のことを言います。日本だけのものではなく、ドイツ、イギリス等、世界で広く見られます。通気性高い、保温性が高いというメリットがある一方で、台風や火災には弱いというデメリットもあります。
・伝統工法
一般的な在来工法に対して、土台を設けなかったり、金物がない木組みの建物で壁も土壁や板張りになっていることが多いです。
町家、農家、出雲大社のような社寺も該当し、建築基準法には明確な記述がない構法になります。

Contact

ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽に
いつでもご相談ください。

お電話はこちらからどうぞ 0853-25-0269 営業時間9:00~17:00不定休

CONTACT

モデルハウス来場予約はこちらから※コロナ対策実施中!詳細はスタッフまでお問い合わせください。

このサイトを共有する

資料請求ページはこちらから

モデルハウス来場予約ページはこちらから

実際の施工事例を見るページはこちらから