明日9月1日は防災の日!

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   明日から9月突入です!9月は完成見学会やモデルハウス体感会などイベントの企画をしています! 詳しくはイベント情報をご覧ください!(^^)! 夢工房リノベーションイベント情報     9月1日と言えば、防災の日! お家の防災できていますか? いつ起きるかわからない地震に備えたいと思われている方は多いのではないでしょうか。 夢工房でも築年数が30年以上経過したお客様から、家の倒壊を心配するご相談をよく受けます。 普段、地震が起こらない地域にも関わらず地震が来たなど、今やいつどこで地震に見舞われるかわからないことから、地震に対する意識の高さを感じられます。 実際に地震を経験しているからこそ、これから起こり得る災害に備えておきたいと考える人が多いようです。   夢工房の耐震リノベーションは耐震診断システムにより、現在住んでいる家の「耐震診断」を行います。その結果を基に、必要となる耐震補強を行います。 腐食や劣化の進んだ柱や土台の交換、耐震金物によりしっかりと補強を行うことで新築並みの性能を持たした家づくりを目指しています。   耐震改修は「一室でも耐震補強リフォームの助成金」という制度を利用することで、最大40万円程度の補助金を受けられるケースがあります。 詳しくはお問合せ下さい(^^)  

社長の休日☕

  先日8月25日に平田愛宕山公園で「第8回たてぬいカップ駅伝」のお手伝いをして来ました! マラソン愛好者が増えている中で、そのお手伝いが出来ればという思いで「出雲工業高校駅伝部OB会」が主催となり、毎年実施している大会です。 昨年は、会場横にある動物園にロバの「ロバート君」を贈呈し、今回も新しい動物を寄付する予定でしたが、この大会に間に合わず、現在準備中です!           出雲工業高校の駅伝部は全国大会に23年連続出場の強豪校ですが、その卒業生が朝早くから最後の片付けまで、駅伝で培ったチームワークで、とてもスムーズに運営ができました。 ただ、みんな現役時代は島根県のトップクラスのランナーだったのに、今ではすっかり普通のおじさんになり、全然走れなくなっているのが残念です…   出雲工業高校駅伝部OB会の活動としてこれからもこの大会を継続していけるように頑張っていきたいと思います!   新築の現場が始まりました! 桑原君と西尾君も現場で頑張ってます🏁   最後までお読みいただきありがとうございます!  

お客様インタビュー🎤✨をしました!

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   今日は今年の3月に引渡しをしたリノベーションのお客様インタビューをしました! 施工事例はコチラ   インタビュー風景もパシャリ📷✨ アンティークの小物も沢山増えていました! 打合せで使ったダイニングテーブルはご主人様の手作りだそうです! 素敵なインテリアから家具、小物に囲まれたY様邸。 古きよきものに囲まれたスローライフ、とても憧れます!! 今日はインタビューにご協力頂きありがとうございました!(^^)!     ハンモック憧れます✨ 梁が出ているからこそできる技ですね! 我が家もハンモック欲しいです🏡 ちなみにY様によるとこの形状のハンモックはバナナくらいのカーブが良いそうですよ☝ ご参考までに(^^)   こちらは築100年の古民家をフルリノベーションした物件になります。 古建材を活かすべく、できる限り既存の構造や天井などを残しています。 長年培ってきた風合いや味わい深さに癒される日々を過ごされているそうです!(^^)! 施工事例はコチラ   今回のインタビューはまとめてから、お客様の声のページに更新いたします。 お楽しみに♪   最後までお読みいただきありがとうございます!  

竣工写真の撮影!📷✨

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   今日も暑い一日でしたね! 朝晩は肌寒くなりましたが、体調に気を付けてお過ごしください(^^)   さて、先日リノベーションの竣工をしたM様邸でプロのカメラマンを招いて写真撮影を行いました。 素敵な写真が沢山撮れました! 施工事例にてUPしていきたいと思いますのでどうぞお楽しみに♪   撮影後、インタビューも行いましたよ! 質問に対して沢山の回答と貴重な意見を頂きました! ご協力頂いたM様ご家族様長時間ありがとうございました✨ 撮影風景を撮るのを忘れるという大失態をしてしまいました_| ̄|○     竣工写真より(^^)           最後までお読みいただきありがとうございます!  

九州出張にて by成相(社長)

先日、リノベーションを手がけている全国の工務店メンバーで新しい会が発足し、九州で第1回目の会に参加してきました。 全国各地の方々といろいろな意見交換しました。地域は違いますが、各会社共に悩みは同じで、すごく良い刺激を受けてきました!   今回は、九州でリノベーションモデルハウスを7月にオープンされた建物を見学させてもらいました。 築45年の平屋建ての建物を、自然素材にこだわって仕上げてあり、弊社のモデルハウス2号店にとても参考になる建物を見せて頂き勉強させてもらいました。 次回は東北エリアのモデルハウスを見学させてもらいます。   夢工房モデルハウス2号店も現在のモデルハウスからさらに、バージョンアップさせて、他社さんに負けない建物にしようと思っていますので、ぜひご期待ください!  

山陰経済ウィークリーに夢工房が掲載されました!

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   今月発行された山陰経済ウィークリーに夢工房が掲載されました! 記事を読んでいくと、2013年からの5年間で空家の件数が3千戸増の4万8千戸にも上る。と書いてありました。 高齢化に加え少子化も大きな要因となっているそうです。 空き家が増えると ・景観悪化など地域への悪影響 ・犯罪の温床 ・住宅の価値が下がる など様々な問題が発生します。特に犯罪の温床では、ホームレスや犯罪者などの不法侵入、不法占拠、粗大ごみなどの不法投棄・放火の原因になるちう問題があります。   空き家が増えるとこのような問題も起こるのですね! そんな空き家対策としてリノベーションは対策になるのではないでしょうか。   家づくりのもうひとつの選択『リノベーション』 まずは、モデルハウスにご来場ください(^^)  

新しい現場のご紹介✨ in 出雲

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   曇り空ですね☁気温もあまり上がっていません。 夏はもう終わりなのでしょうか・・・   お盆を過ぎると秋風が吹くと言われますが、気温の変動は体調を崩しやすくするので体調管理には十分お気を付けください!   出雲市のT様邸の大型リフォーム工事が進んでまいりました。 解体工事が終わり大工工事へ移っています。 リフォームの内容としては水回り全般(キッチン・風呂・トイレ・脱衣室)やLDKなど変えていきます! 完成をお楽しみに♪       最後までお読みいただきありがとうございます!        

モデルハウス2号店の解体が始まりました!

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   今日はあいにくの雨ですが、雷もゴロゴロと鳴り響いていましたね⚡ そんな中、リノベーションモデルハウス2号店の解体が始まりました!               解体を進めていくと断熱材が入っていなかったことがわかりました。         今でこそ、断熱をすることは当たり前になっていますが、断熱の歴史は非常に浅く、実は1979年に公庫仕様書に「断熱」の記載が初めて書かれて断熱材を設けることに対する奨励が始まり、実際に公庫融資で「断熱」が具体的に義務づけられたのは1989年に過ぎないのです。 今からわずかに30年ほど前に過ぎません。逆に言うと30年以上前に建てられた家には断熱材が入っていない可能性が高いと言えるでしょう☝ 断熱をしっかりとすることで冷暖房効率も良くなり、省エネ(節電)にも繋がり地球環境にもお財布にも優しくなります! さらに、断熱のいい家は健康にも良いことをご存知ですか?(^^) 病気かかりにくくなり、ヒートショックの予防にもなるのです✨     リノベーションをする際に、現地調査だけではわからないこともあります。 ・柱や梁、筋交いなどの構造体の位置 ・構造体の傷み具合 ・断熱材が入っているか等々 同じ建物でも住む人のライフスタイルや周りの環境により傷み具合は変わってきます。   夢工房では、不足な事態でも経験豊富な一級建築士が3名在籍しているのでアイデアを出し合い、話し合いながら工事を進めていくことができます。   まずは、ご相談を(^^) リノベーションにについてもっと知りたい方は、出雲市塩冶町にあるリノベーションモデルハウスへぜひ、ご来場ください。 築50年の家をフルリノベーションしているので見て触れてご体感ください(^^) 皆様のご来場お待ちしております。   最後までお読みいただきありがとうございます!

1981年より前に建てられたお家は要注意!!

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱   今日は耐震についてのお話です☝   日本における建築の法律は、1919年の市街地建築物法が始まりです。 市街地建築物法がスタートした4年後に関東大震災が発生しました。 死者、行方不明者は10万人を超えて、この大地震をきっかけに1924年に法改正が実施されました。 この法律では住宅に筋交いを入れるよう規定されました。 しかし、この時の法律では数量までは規定されませんでした。   1950年には建築基準法が制定されて、壁の強さの基準が示されました。 1971年には十勝沖地震が発生し、その地震をきっかけに、木造建物の基礎もコンクリート布基礎にすること が決定し、1974年にはツーバイフォー工法について告示されました。 さらに、1981年に建築基準法が大幅に改正されて、必要壁倍率が改正、壁量計算も義務化されました。 以降に建てられた木造住宅の耐震性能は大きく向上されました。   ここまでの説明でお分かりのように、1981年より前に建てられた住宅が要注意です。   この時代は設計者や施工業者の技術、知識、モラルに依存して建築されているため、 接合部をはじめ、構造に大きな問題が残っていると考えられます。   当社ではこれらの築古物件にお住いの方で地震が心配だというご相談に対して、 耐震化リノベーションを強くお勧めしています。 また、建物の強度を診断する耐震診断も受け付けておりますので、 お気軽にご相談ください(^^)     最後までお読みいただきありがとうございます!

断熱リノベーション

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱 お盆休みも台風の影響で予定が変更になった方も多いのではないでしょうか? 大型台風は寝ている間に過ぎていきましたね! 一安心です。   さて、本日は断熱リノベーションについてお伝えします。 真夏には西から差し込む日射を受ける部屋が暑くなり、 「朝までエアコンをONにしたまま過ごしています」という声をよく耳にします。   これは、住宅の屋根や外壁に蓄積された熱が夜間屋内に放出し続けるからと言われています。   また、真冬にリビングが寒くて「エアコン/ストーブなしでは過ごせない」という声も多いです。 これは、リビングを取り囲む外壁、屋根、天井、窓などから熱が逃げていくために、屋内の冷気が保てない状況が原因です。   一方、省エネ化リノベーションや断熱リノベーションされた住宅では 外壁、屋根、天井、窓などの部位を断熱化、気密化して熱の侵入を防いだり、 熱の損失を制御したりすることで、 快適な空間かつ、使うエネルギーが少なく済む状況になっています。   ・省エネ性能が高い ・断熱性能が高い ・気密性能が高い ということはエアコンなどの冷暖房を使わなくても、もしくはエアコン1台で全館が快適になり、 同時にエネルギー消費量の削減につながるということです☝   「夏は厚い」 「冬は寒くてつらい」 というお悩みのある方はぜひ、省エネ化リノベーション/断熱化リノベーションを 検討してみてはいかがでしょうか(^^)

Contact

ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽に
いつでもご相談ください。

お電話はこちらからどうぞ 0853-25-0269 営業時間9:00~17:00不定休

CONTACT

モデルハウス来場予約はこちらから※コロナ対策実施中!詳細はスタッフまでお問い合わせください。

このサイトを共有する

資料請求ページはこちらから

モデルハウス来場予約ページはこちらから

実際の施工事例を見るページはこちらから