お客様の声

斜め線

一人暮らしの母と共に暮らすための実家リノベーション

出雲市 M様

一人暮らしの母と共に暮らすための実家リノベーション

Q.家づくりをしようと思ったきっかけは?

ご主人様:わたしの父が亡くなり、一人暮らしの母と同居をしようと思ったからです。

Q.夢工房は何で知りましたか?また、行ってみようと思ったのはなぜですか?

ご主人様:ネットで「リノベーション 出雲」で検索して夢工房さんを発見しました。HPも見たうえで行こうと思いました。ページもしっかりと作りこまれていましたし、わかりやすかったですね。後、更新もしていたので動きがある会社だと思いました。
奥様:予約もわかりやすくてやりやすかったです。

Q.家づくりも沢山選択肢があったと思いますが、リノベーションをしようと思ったきっかけは?また、新築にされなかった理由は?

ご主人様:もともと実家の建替えか別の土地で新築をと考えていて他社さんもいろいろ見ていました。いいなと思うところもありましたが予算が合わなかったり、今より小さい家になったりして、悩んでいました。リノベーションはどうかな思い、話だけでも聞いてみようと思ったのです。ぶっちゃけ言うと、リノベーションにあまり期待せずに行きました(笑)
モデルハウスに行って最初に対応してくれたのが社長さんで、話を聞いているうちに、リノベーションもいいかもしれないと思いました。あとは母と妻が気に入るかでしたが(笑)
実家に行くまでの道は少し狭く、妻が嫌がっていました。ただ、行く回数を重ねるごとに道の狭さが気にならなくなったそうです。そうすると住むにはとても快適な場所だと思うようになったので実家を何とかしようと意見がまとまり、建替えよりも7割程度の金額でできるリノベーションを選びました。

Q.リノベーションをされる最終的な決め手はなんでしたか?

ご主人様:社長の人柄ですね。親身に対応してくれ存在が大きかったです。

Q.新築はモデルハウスや見学会など見るものが沢山ありますがリノベーションはまだまだメジャーではない中で不安などはありませんでしたか?

ご主人様:リノベーションに対して不安はなかったですね。その場しのぎのリフォームは不安ですけど(笑)リノベーションは一度スケルトン状態にして補強や悪いとことを直してくれるので安心して住めます。それくらいはお金もかけようと思ってましたし。さらに、建て替えと比べリノベーションを選択することで浮いた3割のコストを使って各所こだわることができました。

Q.今回のリノベーションでの一番のこだわりポイントは?

ご主人様:LDKですね。広々としているし何より明るいですね。あと、造作の洗面台は高くなったけどやって良かったです。本当は安く抑えるつもりだったのですが、既製品だとピッタリサイズにならないんですよね。造作だから無駄がなくスペースを最大限に活かせるし、大変満足しています。

奥様:どこをこだわったとか特になく各部屋ごとに悩んで決めたので「どれもこだわった。」が一番合う言葉だと思います。

Q.リノベーションしてよかった事は?

ご主人様:家に帰ってくるのが楽しみです。戸建てはやっぱりいいですね。今まではアパート暮らしで子供も小さかったので周りにも気を遣っていて窮屈に過ごしていました。そして、リノベーションはおもしろい!慣れ親しんだ家がこれだけ変わると「前はここが○○だったよね」など家族の会話も弾んでいます。寝るまでは基本LDKでいます。広くして本当に良かったと思います。

奥様:リノベーションして住んでから丸2ヶ月ですが、バタバタしていてまだゆっくり過ごせていないですが、LDKの広さと明るさは快適です。アパートで暮らしていた時は本当に窮屈でしたから。子育てするにはやっぱり戸建てですね(笑)新築だとこれだけの大きさやこだわりで建てるのは難しかったと思います。


お母様:庭はいいですね。早速プールを出して子供たちを遊ばせましたよ。

Q.リノベーションの際、不満/不安やもっとこうしておけばよかったなど今後リノベーションされる方へのアドバイス等あれば教えてください。

ご主人様:金額を最初に決めてしまっていた方がいい。リノベーションは自由度が高く、工事が始まってからでも決められる事項が沢山あるので、あらかじめ予算をしっかり決めておいた方がいいと思いました。

奥様:アフターフォローがしっかりしているので安心です。こないだ、掃き出し窓のカギが閉まらなくなって浅津さん(現場監督)に連絡するとすぐに対応してくれました。気軽に相談できるのもいいと思いました。あと、現場のわかる女性の方がおられたのがとてもよかったです。女性だから言いやすいことやわかり合えることもあるし、現場もわかってるから、やりたいことへの知恵やアイデアを出してくれたことが心強かったです。

夢工房のリノベーション