家づくりブログ

斜め線

リノベーションすると基礎はどうなってるの?

2020年07月23日(木)

皆さんこんにちは!

リノベーション専門店・夢工房の大倉です。

いつもHP訪問

ブログ閲覧ありがとうございます。

 

先日いらしたお客様に

リノベーションって

基礎はどうなっているのですか?

と質問されました。

 

新築はベタ基礎

というのは皆さんご存知です。

 

リノベーションは

建物の築年数や状態によって

いろいろ違いますが

基礎が足らない部分には

基礎を施工します。

防湿シートを敷いて

上から土をかけるか

コンクリートを打ちます。

防湿シートは空気に触れたままにすると

劣化してしまいます。

土にするかコンクリートにするかは

お客様のご要望

ご予算に応じてやっております。

 

ちなみに

ユニットバスの下は

 

新築もリノベも

変わりません

浴槽の脚をしっかり支えるために

コンクリートを打設します。

その時の様子の動画はコチラ

 

勉強でも何でも

『 基礎が大事 』

とよく言われますよね?

家づくりももちろん

基礎が大事です!

基礎は建物のすべてを支える土台で

その土台がしっかりしてこそ

家が傾かず

丈夫で長持ち!に繋がります

 

 

リノベーションを体感できる機会があります!

モデルハウスでも体感できますが

中古住宅をご購入後

フルリノベーションをされたT様邸

随所にこだわりを入れられ

楽しく家づくりをしていらっしゃいます。

そのT様邸を見学してみませんか?

リノベーション完成見学会 in出雲市

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢工房のリノベーション