家づくりブログ

斜め線

リノベーションとリフォームの違いって?

2019年04月11日(木)

こんにちは!リノベーション専門店・夢工房の廣田です🌱

 

今日はリノベーションとリフォームの違いについてお話したいと思います。

リノベーションとは

中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせることです。

リノベーションとは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に 対処した、包括的な改修を行うこと。例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能 を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快 適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。

 

リフォームとリノベーションの違いは?リフォームは部分的な対処、リノベーションは包括的な改修です。

例えば、トイレが壊れた、ドアの建てつけが悪くなった、といったすまいで発生する不具合に対して修繕を行うような部分的な改修がリフォームであるのに対し、リノベーションは、子供の独立、新しく家を購入、といったライフスタイルの変化やタイミングに伴い、その家での暮らし方に合わせた包括的な改修を行うことを指します。

数十年前のライフスタイルと今のライフスタイルは当然異なります。また、人によっても年齢や家族構成、趣味嗜好などが異なります。リノベーションとは、住む人の暮らしに合わせた家に再度作り変えることなのです。今までの日本は、このようなライフスタイルの変化や住宅購入のタイミングに際し、多くの人が新築住宅を建てる、もしくは新築住宅に引っ越すという選択をしてきました。住宅ストック数が世帯数を上回る社会背景の中、これからは、今のすまいをリノベーションする、リノベーション済みの住宅を購入する、中古住宅を買ってリノベーションする、といった住まい方に変わろうとしているのです。

 

マイホームを考える際のもうひとつの選択。

『リノベーション』

ご興味のある方は夢工房までお問い合わせください。

また、リノベーションを実際に見られる築50年のリノベーションモデルハウスの出雲市塩冶町にございます。

家づくりの参考にぜひご来場ください。

ご予約の際はweb予約がお得!!

今ならクオカードプレゼント🎁

モデルハウス来場