建替えVSリノベーション

斜め線

建替えVSリノベーション

向いているのはどっち?

リノベーションが向いているケース

  • 愛着のある家、思い出の詰まった家を残したい
  • 地盤が良いところに建っている
  • 柱や梁(はり)等価値あるものを壊さず活かしたい
  • 古くても構造的に大きな問題がない家
  • 工事内容、予算、老朽度に合わせて費用を調整したい
  • 建ぺい率の問題があり、建て替えると家が小さくなる
  • CO2の排出を抑え、エコに貢献したい(廃材、ゴミを削減)
  • 費用を抑えて、老後の資金に余裕を持たせたい
  • 減築したい、または、増築したい
  • リノベーションで資産価値を高められる家

建て替えが向いているケース

  • 建物の向きやかたちそのものを大きく変えたい
  • 軟弱地盤で家が少し傾いている(沼地等)
  • すべての柱、梁(はり)が腐朽している家
  • 住宅性能(断熱、気密、耐震)を国内最高レベルにしたい
  • 建物の工法自体を変えたい
  • 費用がかかってもいいので基礎を残さず、すべて刷新したい
  • 2階建てを3階建てにしたい
  • 平屋を2階建てにしたい

気になる基礎や構造は当社1級建築士がインスペクション(住宅の現況診断)により精査し、どのような状態か的確に判断するので安心です。

リノベーションのメリットとは?

リノベーションは建替えに比べて、
コストパフォーマンスが高い!

既存の基礎や柱、梁(はり)の状態を見極め、一部を活かすため、本体費用が減少。
さらに確認申請等も必要ないため、費用は約70%!
断熱・耐震等住宅性能は注文住宅レベルです!

建替え(注文住宅)との比較

どこまでリノベーションするかによって合計金額を調整し、費用を安く抑えることができます。
この見極めができることが、建築リテラシーと豊富なリノベーション実績を保有する夢工房の大きな特徴です。

  総額 坪単価 性能
建替 2100万円 70万円
リフォーム 1050万円 35万円
リノベーション 1500万円 50万円

※延床30坪目安工事金額
※夢工房では性能向上をともなう改修工事をリノベーションととらえています。

リノベーションは社会的意義が高い!

空き家問題

現在、島根県の空き家率は15.2%となっており(全国平均13.6%)、このまま増え続けると将来、30%に達するという予測もあります。空き家率の増加は街の景観を損ねるだけでなく、防犯上も大きな問題です。夢工房はリノベーションを推進することで、この空き家という地域社会の問題解決にも貢献したいと考えています。

空き家問題

CO2の排出

現在、リノベーションは建替えに比べて、CO2の排出が1/33になるというデータがあります(リノベーション協議会のサイトより)。
リノベーションが増えることは、地球環境にも優しいです。

C02の排出
建替えリノベーションか迷っている方は
ぜひお気軽にお問い合わせください。

※基礎や構造の状態により、建替えのほうが向いている住宅もありますのであらかじめご理解ください。
建替えかリノベーションかどちらがベストな判断なのか、客観的な視点でアドバイスいたします。

夢工房のリノベーション