お客さまブログ

斜め線

私たちの家

2020年11月28日(土)

私たちは、結婚当初は主人の実家に同居していて台所、お風呂は共有でした。

1人目の子どもが生まれて1年たったころ、たまたま隣の家が空き家になり、購入して住むことになりました。

昭和44年築の2階建ての家です。

隣から見ていたら普通に2階建てだと思っていたのですが、実は平屋と2階建ての離れの構造になっていました。

住み始めたころから台所の床はへこんでいたりしたのですが、子どもが小さかったのと、私の体調が悪かったので、全くリフォームしないまま住み始めてしまいました。

今思えば、引越す前に3カ月ほど間があったので直しておけば良かったと思います。

でも、そのお陰で今、夢工房さんと出会えたのでそれも縁かなと思います。

 

 

実際に住んでみて何といっても不自由なのが、外に洗濯機があることです。

 

 

 

雨の日も雪の日も外で洗濯機を回さないといけなくてつらかったです。

それと、とにかく寒い事です。

玄関から台所まで仕切りはアコーディオンカーテンしかなく、夏暑く冬寒いです。

脱衣場がなく台所で着替えるのでつらいですね。

 

 

家中、隙間だらけで部屋に1個ずつ暖房器具があります。

それから、洗面台がお風呂場にあるので、お風呂の間は使えません。

 

 

寝室を離れの2階にしたので、パジャマで一度外に出るのも大変です。

雪の日はサンダルに雪が積もり、寝た子を抱っこして朝の忙しい時間に何往復もするだけで、グッタリです。

数年前にはイタチが何匹も出て、調べたら外壁に穴が空いていました。

今はとりあえずベニヤで塞いでいます。

屋根裏がどうなっているのかおそろしいですね。

今後子供が大きくなったら、子供部屋を欲しいと言うと思います。

今は広縁に机がありますが、障子一枚隔てただけなので、プライバシーはゼロです。

このように住んでから10年が過ぎいろいろなところが傷み始めたタイミングで夢工房さんに出会いました。

明るく暖かく過ごせる家を求めて、リノベーションをしようと決めました。

セミナーや、打ち合わせについてはまた、次回以降に。

 

夢工房のリノベーション