実家リノベ

斜め線

実家リノベ

お互いの幸せがふくらむ実家の二世帯リノベーション

  • 築35年以上経った持ち家に住む親世帯

    築35年以上経った持ち家に住む親世帯

    「冬寒い「夏は暑い」「地震も心配」
    「建て替えはお金もかかるし、思い入れのある家を壊すのは抵抗がある・・・。」

  • 今は賃貸に住む子世帯

    今は賃貸に住む子世帯

    「今のままでは手狭に感じる。新築がいいけど予算内で実現するかしら・・・」

そんなお悩みを解決するために・・・

実家の二世帯リノベーションがおすすめ

実家の二世帯リノベーションがおすすめ

経済的メリットだけでなく、「豊かな暮らし」「お互いのサポート」などメリットいっぱい!
今、実家をリノベーションして賢く理想の家づくりを実現する人が増えています​

実家リノベーション3つのメリット
コスト面

親世帯にとっては建て替えるより安く、新築同様に新しくなり、さらに子世帯にとっては土地を買う必要がないため、新築より安く新居を得ることができます。
また、リノベーションなら税金やローン控除なども安く済みます。
安く済んだ分を子供の教育資金や旅行に使うなど日々の暮らしを豊かにすることが可能です。

コスト面
生活面

「共働きで、小さな子供もいるので、家事サポート等もしてもらい、助かっている」という、こうした声は二世帯住宅ならではですね。

そして、小さな子供にとって親世帯の父母(祖父母)と過ごすことはいろいろなことを吸収する貴重な経験にもなります。
孫の成長を間近に見れるという幸せを親世帯の父母(祖父母)も感じられるため、双方にとって大きなメリットがあると言えます。一方、老後を見据え、親を間近に見れる安心感も見逃せないメリットです。

生活面
性能面

共有型、独立型、融合型など生活スタイルやお互いの思いに合わせたタイプを選ぶことができます。

性能面

実家リノベのことは私たち夢工房におまかせ!

実家リノベのことは私たち夢工房におまかせ!

夢工房のお客さまの大半は実家をリノベーションされます。

そんな経験豊富な夢工房のスタッフがご両親様をはじめご家族みなさんのお話しっかりお聞きします。
家族だからこそすれ違ったり、ぶつかったりしてしまうご意見をしっかり受け止めて形にしていきます。

夢工房でご実家をリノベーションされた事例をご紹介!

実家リノベーション事例CASE01

閑静な住宅地に佇む築35年の木造二階建てのリノベーション

同居するのをきっかけにした実家のリノベーション。二間続きの和室をLDKにすることで20帖の広々とした空間に。畳スペースも設け、ゆったりと過ごせるスペースになりました。二階にもリビングを設けていて、家族みんなが自由に生活できる住まいになりました。

  • BEFORE

    BEFORE
  • 矢印
  • AFTER

    AFTER
実家リノベーション事例CASE02

四世帯が暮らす家。

出雲地方によくある田の字型の母屋をリノベーションしました。
家の中心にLDKを設け、家族みんなが集える広く明るい空間になりました。
断熱・耐震性能を大幅に向上させ、快適に安心して暮らしていける家になりました。

  • BEFORE

    BEFORE
  • 矢印
  • AFTER

    AFTER

気になるお金のことも私たちプロにおまかせ!

気になるお金のことも私たちプロにおまかせ!

家を持つ、又は購入する場合は以下の税金がかかります。

不動産取得税
家や土地を購入するときにかかる税金(広さや評価額により異なります)

登録免許税
家や土地を購入して登記する場合に支払う税金

固定資産税
毎年、土地や建物にかかる税金(新築の場合最初は減税措置がありますがその後は高くなります)。
リノベーションならこうした税金がかからず、お得に賢く理想の家づくりができます。税金のことローン控除のことなど経験豊富な当社スタッフにご相談ください。

実家二世帯リノベーションの注意点とは!

実家二世帯リノベーションの注意点とは!
  • お互いのプライバシーへの配慮は妥協しない
  • 贈与税、住宅ローンの優遇など理解して取り組む
  • 子育て、介護などお互いのサポートを見据えて動線や間取りに配慮する
  • 設備機器の数など双方の生活スタイルや思いを十分共有しながら、進める
  • 構造がからんだ大規模なリノベーションの場合は住宅を知り尽くした建築のプロに相談する